【自宅】ホームホワイトニング歯磨き粉人気おすすめランキング3選

BBホワイントニング倶楽部

ここでは歯の黄ばみや汚れを自宅の歯磨き粉で落とす『ホームホワイトニング』を検討している方の役に立つ情報を紹介しています。

  • 面と向かって話す時不安になる
  • 鏡を見て絶望する
  • 異性に見られるのは特に辛い

こんな悩みを抱えているなら、是非参考にしてください!

放置すると・・・

歯の着色汚れは放置すると酷くなってしまうので、思い立ったそのときこそが対策を始めるときです!

ですが・・・

実際のところ、歯磨き粉だけで理想とする『真っ白な歯』になることは現実的ではありません。
やっぱり歯科医に施術してもらわないことには限界があります。

以下にオススメのホワイトニングクリニックをまとめていますので、そちらも参考にしてください!
(記事は梅田近辺のクリニックをまとめています。)

梅田でオフィスホワイトニングが安いクリニック!人気が高いおすすめはどこ?

梅田近辺で安くホワイトニング施術を受けられる歯科クリニックを紹介しています! 安く済ませたい どこが良いか分からない 初めてで決められない こんな悩みがあるなら、当記事を参考にホワイトニングクリニック ...

続きを見る

 

じゃあ歯磨き粉は意味無いし何でも良いの?と言うと
そうではありません。

ある程度のホワイトニング効果は見込めるうえに、着色汚れの予防にも繋がります。

 

仮にクリニックでホワイトニング施術を受けた後に白さを維持するためにも歯磨き粉選びは大切!

ですので、ダメな歯磨き粉を使って着色汚れを酷くしたり、ホワイトニングを台無しにしないためにも
しっかりと良い物を選びましょう♪

 

こんな歯磨き粉はダメ!

歯を白くしたいが為に間違った歯磨き粉選びをしていませんか?

間違った歯磨き粉を選んでいると、ホワイトニングできないどころか
返って着色汚れを増やしたり、知覚過敏などの悪影響を引き起こす危険性すらあります。

歯磨き粉選びのNGポイントをまとめておくので、自分の歯磨き粉に当てはまらないか確認してみてくださいね!

研磨剤が入っている

市販の歯磨き粉には大抵『研磨剤』が含まれています。

  • リン酸水素カルシウム
  • 水素酸化アルミニウム
  • 無水ケイ酸
  • 炭酸カルシウム

上記4つがよく使われる研磨剤。

これらの研磨剤は汚れを落とす目的で配合されているわけなのですが
粒子が大きいため、歯のエナメル質を傷付けてしまう恐れがあります。

エナメル質に傷が付くと、そこに着色汚れ(ステイン)が溜まり
黄色や茶色くなりやすい他、虫歯や知覚過敏の原因にもなってしまいます。

こういったことから、良く使われる研磨剤が配合されている歯磨き粉はNG!

 

研磨剤入りを選ぶとすれば『ハイドロキシアパタイト』という研磨剤が使用されている歯磨き粉を選びます。

ハイドロキシアパタイトは歯の成分と似ていて、尚且つナノ粒子と言われるとても小さい粒になっているため傷を付けないとされています。

歯科医院などで購入できる高い歯磨き粉には、この『ハイドロキシアパタイト』が使われているので、研磨剤入りの歯磨き粉を使う場合は『ハイドロキシアパタイト』が使われている物にしましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶポイント

  • ポリリン酸が使用されている
  • ハイドロキシアパタイトが使用されている
  • フッ素が使用されている

ポリリン酸が使用されている

ポリリン酸は歯の表面に付着した汚れを落とす効果がある他、歯をコーティングするようにして着色汚れを予防する効果も期待できます。

参考:ポリリン酸ナトリウム配合歯磨剤の歯石形成予防効果に関する研究

 

ポリリン酸はポリリン酸ナトリウムと言われていて、ほかにも

  • ポリアスパラギン酸
  • ピロリン酸ナトリウム

などが入っている歯磨き粉を選ぶのがおすすめ!

 

ハイドロキシアパタイトが使用されている

上記の研磨剤の話しでもあったように『ハイドロキシアパタイト』は汚れを落とすだけでなく
歯の表面に付いた傷を埋めて、歯垢や着色汚れが付きにくいようにする働きをしてくれます。

参考:J-STAGE

『ヒドロキシアパタイト』と記載されていることもありますが、どちらも同じもの。

 

ホワイトニングにおいては、ポリリン酸とハイドロキシアパタイトが重要なポイント!

 

フッ素が使用されている

歯を白くすることに直接関係しているわけではないですが、フッ素は虫歯になりにくくしてくれる効果があります。

歯を白くしても、虫歯になっては意味がないので
フッ素が含まれていれば、なお良し!と言う感じです。

 

フッ化ナトリウムと記載されている成分はフッ素のこと。

 

おすすめはコレ!

ここまでのホワイトニング歯磨き粉を選ぶポイントを踏まえたうえでオススメの商品はこちら↓

商品名ブレスマイルクリア
価格1,280円~
研磨剤ハイドロキシアパタイト
評価

公式サイトを見る

効果・効能

歯周炎の予防・歯肉炎の予防・歯石の沈着を防ぐ、虫歯の発生及び進行の予防・口臭の予防・タバコのヤニ除去・歯を白くする・口中を浄化する・口中を爽快にする

ハイドロキシアパタイトとポリリン酸とフッ素しっかりと配合されているので、ホワイトニング歯磨き粉としての目的はバッチリ!
虫歯や口臭予防も兼ねることができるのでコレ1本あれば問題なし

定期便を活用することでコスパを良くできます!

公式サイトを見る

 

人気ランキングで紹介!

1位:ブレスマイルクリア

販売会社株式会社ソーシャルテック
価格1,280円~
研磨剤ヒドロキシアパタイト
ポリリン酸
フッ素
評価

公式サイトを見る

 

 

2位:ちゅらトゥースホワイトニング

販売会社チュラコス株式会社
価格3,980円~
研磨剤なし
ポリリン酸
フッ素なし
評価

公式サイトを見る

 

 

3位:パールクチュール

販売会社株式会社フィアース
価格3,980円~
研磨剤ハイドロキシアパタイト
ポリリン酸
フッ素なし
評価

公式サイトを見る

 

 

比較してみた!

※価格は定期便の2回目以降を参照しています。

ブレスマイルクリアちゅらトゥースホワイトニングパールクチュール
価格2,980円4,980円4,980円
研磨剤ヒドロキシアパタイト無しヒドロキシアパタイト
ポリリン酸ポリアスパラギン酸ポリアスパラギン酸ポリリン酸
フッ素フッ化ナトリウム無し無し
虫歯予防成分フッ化ナトリウムGTOキシリトール
口臭予防成分塩化セチルピリジニウムシメン-5-オールメントール

当サイトで紹介したホワイトニング歯磨き粉の成分を比べてみると
結構違いがあることがわかりますね。

中でも『ブレスマイルクリア』は価格が安いながらも、欲しいところを全部兼ね備えているので
選びやすいのではないでしょうか?

 

初めてのホワイトニング歯磨き粉や、他のホワイトニング歯磨き粉からの乗換えにも最適な1本かと!

 

商品名ブレスマイルクリア
価格1,280円~
研磨剤ハイドロキシアパタイト
評価

公式サイトを見る

更新日:

Copyright© BBホワイントニング倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.